大切な誰かを助けたい時の「私の心の仕組み」

おはようございます♪
今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?
 
今日は大切な誰かを助けたいのに
どうにかしてラクになって欲しいのに
上手くいかない…
 
そんなあなたと分かち合いをしたいと
思います。
 
大切な誰かはどんな人?
子供?兄弟姉妹?
夫?友達?
親でしょうか…
 
その人がその人の人生の何かがきっかけで
職場や学校や人間関係の輪に入れず
辛い日々を送っていたら…
 
どうにかして元の生活に戻してあげたい
どうしたら自信を持たせることができるだろう…
あれこれ、頭の中を様々な思いが駆け巡り
本や誰かのセミナーやブログや
有名なメンターなどの話を聞きに行ったり
 
同時に自分の人生もあっと言う間に巻き込まれ、
自分自身も焦りや不安でいっぱいになる…
 
そんな経験はありませんか?
 
近い人であればあるほど
この傾向は強くなり、このまま自分が手を引いたら
相手はずっと引きこもり
人生の扉を閉めてしまうようなストーリーが
駆け巡りませんか?
 
お互いに共倒れにもなりかねませんよね。
自分の人生の確立も大事なのに
あっという間に相手のペースに飲み込まれています。
 
=======
 
良かれと思ってアドバイスしたり
良かれと思って勇気付けたり、
色々な声がけはしているけれど
逆に自分を
避けてきたり、どんどん落ち込みがひどくなる・・・
 
実は当の本人は思った以上に
今の自分をバッシングしていたり
自分の今の姿を嫌っていたり、否定していたりしています。
 
なので勝手に自動的に「自分の罪悪感」が
アドバイスや励ましを自分を責める声に変換したり
助けたい側と顔を合わせたり、
声を交わしたりするだけで刺激され
「責められている」「(期待に答えられないので)会いたくない」
「こんな自分なんて存在していいのだろうか・・・」
 
自動操縦で勝手に相手の中に
湧き出てきているとしたら
 
ここは本当になすすべがありませんよね。
 
======
 
自分の声がけが悪いのではなく
相手の気持ちを汲み取れていないから悪化するのではなく
「相手側に起きている解釈」については
私たちは本当にどうすることも出来ないのです。
 
唯一できることといえば・・
「どんなあなたもOKだよ」と言った一貫したエネルギーで
相手を受け入れることでしょうか・・・
 
自分はどんなあなたでも味方だよ・・・と
メッセージを伝え続け、期待やプレッシャーをかけずに
関わりを持つことでしょうか・・・
 
実はこれが難しいです。
 
少し良くなったと思うと途端に「次はこうなればいいな」とか
「こうしたら追いつけるかも」みたいな欲が出てきたり、
理想像を無意識に発信していたり・・
 
また「どんなあなたも受け入れるよ」なんて
よっぽど腹がすわらなければ言えないですよね。
 
自分の心の中のストーリーはどうしても
このままだと相手の人生が崩壊してしまうような
そんなストーリーが
流れてしまいがち・・・
それが怖くて感じたくない私がいますよね。
 
実は「ケアする側」も相当傷ついています。
ケアする側もたくさん悲しんでいますし
心を痛めているんです・・・
 
つい相手の方ばかりに気が向きますが
本当はかなり傷ついている自分にも意識を向けてみましょう。
 
========
 
安定した私でいたら・・・
それは大きな相手へのギフトです。
今はすぐには相手は理想の相手になれなくとも
安定した私がいつもそばにいるだけで
それはかけがいのない大きな拠り所。
 
まずは自分から・・・という所以は
まんざら嘘ではありません。
 
「私自身は大切な相手がこのままだと何が怖い?」
自分の中にある不安や怖さを自分がわかってあげましょう。
 
こんな問いを自分にじっくり暖かい眼差しで
対話するのもオススメです。
 
今日も温かな1日をお過ごしくださいね。
 

心理カウンセラーランキング

関連記事

  1. セラピストエゴ♪笑

  2. あなたはHSP?HSS?(感受性と刺激追求)

  3. 「いつものパターン」で自分を振り返っていませんか?

  4. 誰かを支え続けているあなたへ・・

  5. 【セラピー、問いかけの集中クラスのお知らせ♪】

  6. 解決できない視点とは①

  7. 自分にしか出来ない何かが欲しい時

  8. 自分を甘やかしていますか?笑

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係