「怒り」の対処の方法

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は前に何度か講座を開いていた

「怒りの解放の方法」を皆さんとシェアしていきたいと

思います。

 

怒ったこと、腹が立ったり、イライラしたことがない人は

いないぐらいに、「怒り」は馴染み深い感情です。

そして強さ、大きさによって自分に与える影響も

様々ですね。

 

=======

 

まずはどんな怒りが自分の中にある?

またはあったでしょう?(今は消えているけれど思い出せるもの)

 

例えばスーパーで買った野菜が傷んでいて

使う時になり初めて気づいて

その野菜を夕食に出来ずにメニュー変更になったとします。

迷ったけれどこちらの方が高かったから美味しいのだろうと

奮発して買ったトマトだったとします。

 

今日はトマトとモッツァレラチーズのバジルソースを

食べるんだ〜と思っていたらがっかりです・・

チーズだけ食べても・・

バジル、どうするのよ?

お店に対するムカムカがお腹から湧きあがります・・。

 

しかも、次の日少し遠いそのお店に言いに行くと

「好きなの選んでください〜」

以上、まる。それで終わり。

謝らないし、他のお客さん優先で待たされたとします。

あなたなら何を感じますか?

 

*私のこと軽く見ている?他の人が優先なんて

お店の教育がなっていない!

*生鮮野菜の担当の人はどうしてちゃんと管理できないの?

うちの会社ならば上司に相当怒られて始末書書くかも!

*私って運が悪いんだ・・せっかく高いのを買ったがゆえに

あまり値段で逆に売れていなくて古かったなんて

などなど・・

なんでしょうか?

 

1)まずは「怒りの理由」が何が一番強いのかを

書き出した後に並べてみてください。

理由は一つではないし、その理由の下にあるものも様々。

その中で特に引っかかり具合が高いものを探します。

 

2)見つかったら(この例でだと最後の運が悪いだとしましょう)

この思いをよ〜〜く感じると体のどの辺りに

どんな感情が一緒にくっ付いているかを探ります。

 

最初は怒りだったのですが・・・

実はそこに悲しみもあったとします。

 

いつもそうだ・・あの時も・・あの時も・・

おなじみの実は覚えている感覚も出てきたりします。

小さい時に夏祭りの屋台で

お姉ちゃんだけ当たって大きな飴をもらえた場面や

お母さんが弟だけに内緒で違うおやつをあげていたのを

知った時かもしれません・・

 

彼が本当はお財布を持っていたのに

「ないから貸して(出して)」と言われた場面かもしれないし

上司が私だけにミスを見逃してくれなかった場面かもしれません・・

 

3)なんか本当はずっと残っている「身体の感覚や感情」を掴めたら

→ポイントは「思考のみでシーンの擦り合わせをしないこと」

必ず身体に戻って擦り合わせます。(最初、難しく出来ずで全くOK)

そこからシーンの自分と対話が始まります。

 

「何を感じているの?教えて」

 

時々、深い深呼吸を何度か入れましょう。

 

セラピーを併用するともちろん効果が高いのですが

こんな風にイメージの中での感覚、感情に寄り添った

じっくりした対話が思わぬ展開を広げてくれること

多かったりします。

 

「その時の自分が感じていた表層の感情の下にある

もう一つの感情」まで探せるといいですね。

 

感情、感覚、そこにあった声は

実はミルフィーユ状の「層」になっています。

表面の怒りを出発点として、怒りの構造自体を見つけ

解いていきたいのです。

 

なるべく下の層に触れるほど深い

「抑えられていたけれど本当はそこにずっとあったもの」と

対話できます。

→深い方が優れているとか正しいとかは自分の解釈で

ノージャッジで対話しましょう

 

癒しは奥深いのです♡

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 

 


心理カウンセラーランキング

 

関連記事

  1. 言い訳なんか聞きたくない!

  2. 溝口あゆかさんのハートサークル@釜石

  3. 絶対に感じたくないものは何?

  4. インテグレイテッド心理学上級始まりました♪

  5. DOZEN ROSE(ダズンローズ)

  6. 境界線が「引けなくても」良い

  7. 頼まれていないのに「世話をしてしまう」あなたへ・・

  8. もう分かっている時の落とし穴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係