マトリックスリバーシング♪

おはようございます♪
突然ですが・・・笑
みなさんはご自分の人生に何か生きづらさを感じたり
感情に振り回され(ていることにも実は無意識だったりして)苦しい想いを
味わったこと、一度や2度…
いや、い〜っぱいあると思いますが(自分と同じにしないように←自分にツッコミ)
そんな時はどうやって気分をシフトしているでしょうか…?
お友達と食事に行ったり、お酒、テレビ、電話、買い物、旅行・・・・?
その時や暫くは治まっているもののまた、似たような場面で浮上して来たり・・・
そんな経験ってありますよね?
 
私が所属しておりますJMETでは師匠の溝口あゆかさんから学んだ
【マトリックス リバーシング】と言うセラピーがあります。
(2月11日のJMET主催、リバーシングの講座は小貫淳子トレーナーで開講ですが満席とのこと、

キャンセル待ち状態らしく・・ご興味のある方はHPご覧になってみて下さい♪)

★Re-Birthing つまり、「生まれ直し」のセラピーなのです。
胎児の時の子宮内の環境、その時のお母さんの心理状態、家族の様子などを
自分の理想のシーンに書き換えて母子共に安心、
リラックスした状態でこの世に生まれなおしてくると言うセラピーで、これにより
バーストラウマ(誕生時、または妊娠時の胎児時代のトラウマ)や時には「過去生」、
そして人生のスタートをリセットすることでパターンを変えることが出来、
生きやすさと自己愛、自己肯定感を増やすことが出来るのです。
 
凄くないですか??笑
 
このセラピーの時も大活躍するのが【マトリックス リイン プリンティング】と言うセラピーです。
これなしではリバーシングが出来ません。
*ちなみに私のセッションではほぼマトリックス リイン プリンティングを使います。*
何が素晴らしいかと言いますと「自分が胎児の自分に話しかけ、胎児の自分がどうしたかった、
環境がこうあって欲しい」または「両親の心の傷などを癒す」とか、
リクエストを出してくれてそれを叶える事で、この世の誕生が安心で望んでいたものに
そして生まれたい、早くみんなに会いたいなどイメージが
変化してスタートが肯定感に包まれるのです。
どうしてこの手法が生まれたのか・・・と言うかニーズがこんなにも増えているのかと言いますと
それだけ「自己肯定感」「安心感」「この世への信頼」
「両親や家族が自分待ち望んで生まれてきた」感覚が
自分自身に薄かったり認められなかったり、感じられなかったり・・・・
 
バーズトラウマは出生前後(生まれる前、過去生、生まれるとき、生まれた後)に受けた心の傷・・・
この手法を習う前は自分のバーストラウマにも全然気が付きませんでした。
そして、その自分が抱えていた感覚、「ずーっと前からなじみ深いこの感覚はあって当たり前」になっていて
普段の私たちの感情の生まれる源にあることさえ分からないので
★ついこういう場面で怒りがわいてくる
★こういう言葉に深く動揺する
★こんな場面を見るといつも悲しくなる
★こんな話をされるとで不安を感じ始める
原因は「なんだかよくわからないけど」と言ったようなものや、こういう類が苦手と言ったようなものまで
セラピーで根っこにず~っと知らないで抱えていた「信じていたもの」を自分が自分で溶かして癒していくと
その後は世界が変わり始めます。
なぜならば「ずっとそうだと思い込んでいたもの」や「無意識に傷付きたくなくて蓋をしていたもの」が
取れて軽やかになり、世の中の怖いものが減るからです。
先日のクライアントさんのリバーシングのセッションもとても深い深い魂の旅路でした。
胎児時代から「この世はこんなに怖いから、いい子でいなければいきていけない」恐怖があって
その恐れから親しい人を作る恐れ、新しい事を始める恐れ、人と違う事への怖れ、自分への信頼感の欠如感、
どうせいつも潰されるから頑張っても無駄なんだという諦め・・・等々・・・
なんだか聞いていて「え~~本当に??」と皆さん思われるような
自分にとっては「当たり前の思考」の始まりは潜在意識にガッツリあります。
 
まずはこの「当たり前すぎる思考」「自分のパターン」を丁寧に大切みつめてあげることをしてみませんか?
この想いはずーっとあなたの中で待っているんです♪

関連記事

  1. 「考える」と「気付く」の違いとは?

  2. 最近セッションに付け加えていること♪

  3. healing space mamy

    赤ちゃんを流産してしまった30代女性

  4. 『終わりは始まり』繋がっている私たち

  5. 自分が自分と結婚するって?

  6. 愛着障害の特徴②

  7. 自分のなかにある『めんどくさい』気持ち【3】

  8. 自分の中にある「べき」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

143人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. ブログ