怒ってなんかないもん・・・

こんばんは*
今日はスーパームーン・・・それも
月食だそうですね♪
沢山のお月様の写真がフェイスブックにあがっていました。
そんな今夜は本来なら「手放すもの」「リセットするもの」「スタートするもの」
について書けばいいのですが何故か思い浮かんだフレーズは・・・・
【怒ってなんかないもん】
【怒っているだなんてとんでもございません。むしろ感謝している位なんですよ~】
【全然大丈夫だよ~~】
 
これってよくありますよね。
例えば何か相手と上手く意思疎通ができていない時に「ごめんなさいね」とか
「お気を悪くされるかもしれませんが」とか
「攻めているわけじゃないんだけど」とかもしくは
「怒った?」ってストレートに伝えた時の相手の返事の仕方・・・
 
実は・・・実はですね・・・
相手は「怒っていることが多いです!」笑
溝口あゆかさんの「インテグレイテッド心理学」の観点から心の仕組みを解き明かすと
こういう時に怒っているのは【抑圧と投影】なんです。
例えば職場でランチを一緒に食べているグループがあってその中の一員のつもりで
お付き合いしていて仲間の誰かがお土産のお菓子を配ったとします。
ちょうどお菓子を配った時にその場から離れていて戻った時に私だけの分がなかったとしますよね・・・
で、本当に数が足りなくて私だけが貰えなかったとします。
 
その時に貰えた人が私に全く気を使わずに「嬉しいっ♥」「美味しそう!」って
楽しそうに食べ始めていて自分に対して全く遠慮がなかったとしますよね。
お菓子を配った本人は申し訳なっそうに「数足りなくて~ごめんなさいね~」って言いながら
これさー、限定で今の季節だけだったの~と楽しそうに話しています。
その場ではとっさに「いいの、いいの大丈夫よ~、食べて食べて♥私、ダイエット中」
とは言ったものの凄く気になっている時ってありませんか?
 
心の中の声は「私だけ仲間外れ?もしかして嫌われてる?」
「そうじゃなきゃ私の前では隠すでしょ?」
「なんてみんな配慮がないの?自分さえよければいいんだ・・・」
「この前私はちゃんとあの子にもあげたのに・・・」
本当は全然大丈夫じゃないんです。
本当は凄く気になっているし怒っているとか、傷ついているんです・・・
なのに、私たちってとっさに違う言葉で「大丈夫、気にしないで」って
言っちゃうとき・・・ありますよね。
これはあくまでも例題ですが本当に感じていることとウラハラって
多いな~って感じています。(あ、もちろん過去の言えなかった私も含めてですよ~)
そんな時こそ、自分しかわからない深いハートの声をちゃんと受け止めて
あげませんか?
この下に実は「抑圧」されている声があるんです・・・
この彼女の場合、「人には気を使うべき」
「空気を察するべき」「皆と上手く関わるべき」って自分の中の決め事が
無意識にあるとしたら・・・⇒ビリーフといいます。
当然「気にしないで♥」って答えてしまいますよね。
でも実は自分でも無意識に抑圧している声は「気を使わない人は
信じられない、なんて無神経なの?私ならあり得ない!」
「私も欲しかったよー!、寂しい〜、悲しい〜!」かもしれません。
 
無意識だから気が付かないんですが「気を使わない人」にだけは絶対に
ならないように常日頃から気を付けているんです。
なので本当の声は抑圧しますよね・・・?
 
凄く怒っている、凄く傷ついている私に気づきそして
救えるのは世界で私、ただ一人なんです♥
 
 

関連記事

  1. JMET主催EFT講座のご感想♪

  2. コアなアイデンティーが自分を動かす訳

  3. 「事実」じゃなくて解釈に反応する私たち

  4. 誰とでも上手くいきたい時

  5. 私が私を愛するとは「受け入れること」

  6. 「禁じているもの」こそ、影響を受けている

  7. 私って「重いオンナ?」

  8. ハート基準のマーケティングって?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

143人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. ブログ