悩みが「ぐるぐるして」前に進めないとき

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

雨の土曜日・・・

この週末2日間は溝口あゆかさん

HRA  OADセラピスト養成講座のアシスタントをしてきます♩

「心を紐解く問いかけ」という潜在意識にある普段気づけない

思いや感情を見つけていく大好きな問いかけです♡

 

========

 

今日は普段の私たちが悩んでいて全然前に進めていない時

どんな頭の中になっているのかを

一緒に見つめていきましょう。

 

よく考えているけれど・・

ああなって、こうなって・・・

こうしたらどうだろう・・・こうしたら最小限の傷で

済むかもしれない・・・

 

あの時にこうしておきさえすれば・・

 

いつもそうだ・・どうせ無駄だ・・・

きっと相手はこう考えているに違いない・・・

 

無数の思考たちが「あーでもない」「こーでもない」と

真剣に頭の中では流れています・・・

 

 

========

 

 

この思考が樹海のように連立して複雑な迷路のように

なっているのは顕在意識。

でもここがなんと意識の中の4〜5%でしかなく

残りの95〜6%が潜在意識=普段気づいていない意識だとは

驚きですよね。

 

私も心の勉強をする前は顕在意識が80%は占めている・・

そう感じていました。

→そのぐらいこの思考の樹海はたったの4〜5%なのに

すごいエネルギーを持っています。

 

引っ張る力、ジェットコースターのように

自分をリアルに巻き込み、苦しい、辛いとなりますが

実はよく見えていないのです。

→何と言っても4〜5%ですから・・

 

そしてここのぐるぐるの思考の樹海で繰り広がられることは

大抵が意識が外側に向いています。

→相手や状況に向いている

あの人が・・・この状況が・・・社会が・・などなど

 

 

そしてほぼ、力強い自分で対処できる安定感の私ではなく

自分でどうにかできない「弱い私の姿」があります・・・

ぐるぐるのエリアでは無力でやられてしまう私が

主人公です。

被害者の私

 

 

なぜこの苦しさが顕在意識に上ってきているかは

見えていない潜在意識の声を拾わないと

全体像が浮かび上がりません。

 

必ず辻褄の合う「理由」「訳」があり

それを感じたくなくて否定していたり、バッシングしていたり

抑圧しているから苦しいのです。

 

 

なので、潜在意識に「ちゃんとできない自分」の姿があっても

それを否定していなければ

苦しみは随分体感としても違ってくるでしょう・・・

 

 

「ちゃんとできていない自分」を感じたくなくて

否定しているからこそ、

様々な姿として頑張って活動している訳です。

 

努力したり、認めてもらいたくて

いろいろな方法で日々、サバイバルを生き抜いているのが

私たち・・・

 

真剣にサバイバルしている自分の姿を

ちょっと離れたところから見てみると・・・

どんな人に見えるでしょうか・・・?

 

不器用で上手くいかないほど

なんだか愛しさが増してきませんか?

 

結局は・・・

どんなに辛いとか苦しくても・・

この人生を愛している・・

そしてこの生き方が好きなんだ・・・

これは決してなくならない・・・

 

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

関連記事

  1. 見えないものが気付けたとき

  2. 新しい椅子が到着・・・♪

  3. 「身体の感覚、感情」を感じる方法

  4. 隣の芝はなぜ青く見えるの?

  5. いつまでも「消えない感情」について

  6. 子供への怒りが止まらない②

  7. 親との関係のケアの方法

  8. その悩みの本当の理由はなんだろう〜健康編〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係