癒しを続けるとこんなに変化する♪

おはようございます!
 
今日は一日中雨…でも…♪
お昼からインテグレイテッド心理学基礎講座を
開きます❤︎
今は涼しいのですが
昼間暑い中、来て下さるクライアントさんの
為にもどうしてもクーラーは効かせます。
湿度があるので、本当に難しい…
 
体調管理が大切な夏ですよね☆
 
============
 
お盆休み中の話ですが我が家は珍しく大変なことが
起こりました(笑)
今までではあり得ない事なんです。
何かというと・・・
 
私の実家は親戚付き合いをしてはいけない(と言われて
居たように感じていました(。-_-。))ので親戚の子と会ったりしたのは
自分がまだ小さかった時、小学校ぐらいまででしょうか・・・
 
おばあちゃんにも会いに行くと実家のおばさんが
(私の母の義姉ですね♪)気を使ってお料理作ったりおこずかいを
くれたりするから絶対に行ってはいけないって言われていたんです・・・
 
大人になっておばあちゃんが入院した時も
お見舞いに行ってしまいましたが
後から母に「なぜ行くの?あなたが行ったら世話できる親戚が
居るんだなって判断されておばあちゃん病院から出されちゃうから
行ったらダメ」
 
「やっと見つけた病院から出されたらどうするの?」
 
「絶対に病院の近くの親戚の実家に帰りに寄ったら
義姉に迷惑かけるから行ったらダメ」
 
お見舞いのおばあちゃんが「どうして他の孫たちは来てくれないの?」
寂しそうな顔が忘れられません・・
(理由は言えないし大人の事情に私は何もできなかった)
 
最初で最後のおばあちゃんを車椅子で病院の
お庭を散歩して頬にそよ風が当たると
「病室では味わえないね〜気持ちがいい…」と…
 
おばあちゃんが亡くなった時も私はどうしてもって言って
お葬式に行ったのですが他の私の兄弟は不参加。
 
私の両親が「代わりに自分たちが行くからお前たちは行かなくていい」と・・・
 
両親ともに凄く「人数が多いと迷惑がかかるから」
「きっと来たら負担なんだから」
などと親戚付き合いを渋っていたし
私たち兄弟は従妹同士で合ったことって本当に数回ぐらい、
全く会ったことのない従妹も大勢いました。
 
それが普通なのかなって・・・
 
何かでどうしても行くとしたらだからお土産とか
一杯持って行かなきゃ申し訳ない感覚とかありました。
(私は役立たずだというビリーフが余計に輝きます)
 
大人の事情で色々あったようです。
 
なので私たち兄弟も一緒に働いていたこともあったのですが
プライベートではめったにお互いに行き来したりしなかったし
 
「迷惑を掛けたらいけない」ビリーフ(信念)が強かったので
何かしてもらったら絶対に何かでお返しする…
そんな癖が人間関係では色濃く出ていました。
 
 
私が実家の仕事を離れてから暫くして
 
 
今年のお盆に息子がある大会に出場することになり
その応援に最初は私が一人で行こうって思っていましたが
何気なく妹や両親にも「応援に来てよぉ~~」と
言っていました。自然に…
 
すると・・・
皆二つ返事で「行きたい!」「行く、行く!」
 
妹たちの子供たちも集まり両親も来てくれて総勢浦松家が
「11人」集まったのです~♥
 
そしてみんなで応援という大義名分のもと食事をして
記念写真なども取り、お互いの近況も話し、家族ってこうなんだね・・
親戚付き合いってこういう感じなんだねって味わいました。
 
両親もすごく喜んでいて、みんなが集まることを実は嫌いじゃないんだなと
感じたり(今まではお正月など実家に行こうとするとおせち料理や
お掃除などが大変だからうちに来ないで外で・・・とか言われていました)
⇒私は迷惑な存在、私は役立たずビリーフがまた輝きます♪
 
集合写真を眺めていると本当にこの両親がいたから
ここに居る子供たち、自分も含めているんだなぁと
しみじみ感じたり・・・
 
血のつながりって強いなって感じたり・・・
 
本当は私たちはみんな求めていたんだなぁと感じたり・・・
 
もう、二度とみんなで会うことは難しいかなって感じていたのに
こんな風にまた集まれるなんて何とも嬉しい「副産物です」♥
 
自分癒しをしていなけれなきっと「応援来て」とか
「みんなでご飯食べよう」とか言ってなかったと思います。
 
淡々と試合の報告をしてデパートから何かを送るとか
そんな風にしていたと思います。
(数年前まではそうでした)
 
でも・・・
なんでだろう、凄く「家族の家系の世代の壁が消えているんです」
 
本当は最初から壁なんてなかったかもしれないのに
自分が「ある」って勝手に解釈して過ごしていたのかもしれません。
何十年も続いていた家族のエネルギーの『もつれ』も自然に消えていました。
*今なら親戚の人にも誘えそう!とても自然に…♪
 
「思い込み」が現実をつくり、状況を作るって本当だと
体験通じて感じた夏でした。
 
続けていることはシンプルに自分癒しだけ。
 
家族の為に自分癒しはしていないのに結果こんな風に
周りも自然と変化するんです。
 
ラクになるって本当に「軽い」です♪
 

関連記事

  1. ちゃんと泣いていますか?

  2. 解決できない視点とは①

  3. 自分勝手にだけはなりたくない

  4. 何故、同じパターンに苦しむの?

  5. 思考を通さない透明な視点とは?②

  6. セラピーのbefore →after❤︎

  7. どうしてもその思いが離れなかったら

  8. 月一のセラピーと問いかけの勉強会♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係