私の「ココロの声=身体の声」の拾い方

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は「私のココロの声も大切に」

これについて皆さんとシェアして行けたらと思います。

 

私たちはもちろん、色々な方々いらっしゃいますが

セッションなどで繋がった方で多いのは

自分自身にも悩みはあるのに

家族の誰か…

または大切な誰かの為に心を痛めている場合が多いです。

またはあの人がこうなってしまったのは

私のせいだとか、私が力不足だから助けられない…などなど…

 

まずは状況や状態をちゃんと把握して行動するのは必要ですが

ただ、頭でグルグル考えて、

そこから不安や怖さがベースのストーリーに翻弄されて

まだ起きていない事にココロが消耗する…

 

これでは本当の意味で

「助けたい人が助かりにくい」のは

客観的に見ると分かりますよね。

 

当事者の時は私も

「私はいいんです、大丈夫だから

◯◯の為には何ができますか?

どうしたら良いんでしょうか?」

 

このスタンスでしかいられず

「あなたのケアからですよ」なんて言われたら

「ここにいてもラチがあかない」と

アドバイスを求めてどこかを探したでしょう…

 

まずは、私のケア…と言うよりは

目の前に起こっている状況に対して

「私の身体はどんな風に感じているか」を観察してみませんか?

 

========

 

頭で考えていることには意識が向きますが

身体は非常に多くのアンテナで全てを感じています。

 

この先どうなるの?と言う不安感が

胸の奥にずーんと響いていたり

お腹に重たい石がどーん居座る感覚かも知れません。

 

大切な人の落胆をみると全身に緊張感がはしり、

身体が硬く「ぎゅーっ」が走ったり

胸がキュッとなったり、ちくっと走ったり・・・

私たちは身体を通じて

意識していないだけで「体感」が自動的に起こっています。

 

「フォーカシング」という手法があるのですが

身体の感覚から普段は全く拾ってもらえない

自分の本音、隠されていた声を気付いていくもの。

 

実は身体は潜在意識の入り口。アクセスゲート。

 

そこから気付いた声は本音であればあるほど

「腑に落ちる感覚」「そうそう、そうなの」という

分かってもらえた感を「体感」で

感じことができるでしょう・・・

 

「頭で理解する」から→「身体感覚」へ・・・

 

オススメの本はこちら

 

今日も繋がっている空の下

それぞれの場所でファイティン♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

関連記事

  1. そこに愛があれば大丈夫

  2. 本来の私のナチュラルなエネルギーとは?

  3. 愛着障害の特徴③

  4. 自分を決めるOSとは②

  5. 「傷つきやすい人」とそうでない人

  6. 悩みを解決するには「感情」を見よう(1)

  7. あなたの中にある『つい…』の正体

  8. 話すことは辛い思いを放つこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係