自分史を振り返りましょう♪

おはようございます♪
今日は気持ちの良い日曜日の朝・・・
午前中は継続のセッション、あとで初めてのブルーベリー狩りに
行ってきます♥
夜はご新規の方とのセッション・・・
 
どんな一日になるでしょう・・・ワクワク♥
 
===============
 
先日全く自分たちの勉強している範囲外の
カウンセラーさんの勉強会に参加してきて気づいた
とても良かったことをシェアします。
 
そこでしたのが
【自分を振り返る】ことなんですが・・・
 
0歳から~現在まで色々なこと全てを書き出していくんです。
入園、入学、進学、受験、就活、就職、退職、結婚、出産、転勤・・・
子供の誕生、離死別・・・などなどなど・・・・!!!
 
凄く時間を掛けてきっちり自分の歴史を書いたことは大変な新鮮な
驚きと感動としんみりさと・・・
 
全ての時代に色々な事があったことを走馬灯のように思い出しました。
 
あの時さ・・・私こう感じていたんだよね・・・
あの時さ、こう見えてとても悲しかったよね・・・
あの時の私、本当に孤独だった・・・だから明るく振る舞わないと
やっていけなかったよね・・・
 
と書いていて、私、ネガティブなことが多く思い出されているなぁとも感じ爆笑♪
絶対に幸せ感や満たされ感、満足した出来事や誇らしいことなどもあったはずなのに
人間って傾向としてネガティブな事ってけっこう長く「持ち続けますよね・・・?」笑
 
このセミナー自体が元々が人間の「自己肯定」に関するものなので
自己肯定、自己愛が低い場合を想定してのものでしたが
本当に基本的に大事です。
 
でも、自己愛が低いからと言ってそれがいけないとか高める必要があるとか
そうではなくて低いとこんな風に同じ出来事に対して見え方が
違うよねという話です。
 
例えば・・・
●過去にしたことがある仕事で久々に携さわると忘れていたところがあり
しっかり覚えていなかったところ、上司やベテランがみんなで笑ったとしますよね。
 
Aさんの解釈:ひどい…久しぶりなんだから覚えきれないし、新しい仕事もどんどん増えるし
皆で笑うなんて意地悪だ・・。そういえば昼食も私は誘われない・・・。
きっとみんな私を辞めさせたいのかも・・・
 
Bさんの解釈:笑ってくれてよかったぁ~~。もし、真剣な顔して怒られたら私、落ち込んじゃう。
何気なくフォローしてくれているようで心強いな。聞きやすいし。
こんな職場で良かったな~・・♪
 
こんな風にAさんとBさんでは事実は一緒でも解釈が違うのは
「自己愛、自己肯定感」が違うからなのです。
生きやすさはBさんですがAさんはこの解釈をするわけが必ず過去の体験などで
ココロの奥深くに出来ているのでこう解釈するのは「当たり前」であり
自分の人生のサバイバル率を上げるためには
必要な思いなのです。
 
*この自分の心の仕組みを見て行くのがインテグレイテッド心理学です。
 
 
もし、時間が出来てこれを書いてみたら・・・
まずは自分の今までの頑張りを心から労いませんか・・・?
 
自分史を振り返ると自分はきっと思った以上に
とても奮闘して健気に乗り越えようと頑張っていることが
「目に見えて」伝わります。
そんな自分に
「悲しかったけれどよく耐えたね・・・」
「凄く悔しかったけれどよく頑張ったね・・・」
「あの時に本当は〇〇してしまいたかったのによく続けて偉かったね・・」
 
ご自分に一番掛けてあげたい言葉を掛けてくださいね。
 
どんな響き方をするのか個人個人のジャーニーなのですが
何か気づきや変化があると思います。
 
おうちで出来るちょっとしたワークですがお勧めです。
 
いつかこのセミナーをやってみたいな・・・と感じました♥
 
 
 
 

関連記事

  1. 自分との統合

  2. 「感情」に動かされている私たち

  3. 頭で考えて変えようとする私たち

  4. 自己価値のあげ方

  5. 誰といても「孤独」なとき

  6. 一緒の楽しさ、パワフルさ♡

  7. 「手持ち無沙汰な時間」をのんびりできますか?

  8. 自分の中にある「めんどくさい」気持ち【1】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係