「苦しみが愛の深さ、量」になっている時

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は本当に人の心は複雑で

思考レベルでは仕組みの構造は見えてこない・・

そんな実感から皆さんとシェアしていきたいと思います。

 

=======

 

ある女性は2人の男性との恋愛で苦しすぎて

どうしたらいいか、そしてまずはこの苦しみを

取り除きたくて悩んでいました。

 

一人は結婚を意識して具体的な日取りまで話が出ている

とても誠実な彼。

この人と結婚したら絶対にいい家庭を築けそう・・

そんな人です。

 

でも、もう一人は既婚者。

この人といると、自分一人では体験できないような

仕事上も刺激をもらえたり

人生が豊かでいつもワクワクして・・・

この人と別れるということがどうしても視野にない・・

こんな状況です。

 

そして毎日が身悶えの苦しみで

奥さんに嫉妬したり、既婚者の彼の行動一つ一つで

一喜一憂して振り回されている状態です。

 

普通に考えると結婚を意識している

なんの障害もなく安心な彼と生きて行った方が

良さそうですが、彼女は既婚者の彼とも上手く行くには

どうしたらいい?とここで止まります。

→これを良いとか悪いとかはここではジャッジは無しです

 

=======

 

継続中、セラピーをすると眠くなったり

思考停止で頭が真っ白でフリーズしたり

苦しみの仕組みが見えてここだったね・・となると

急に何も感じられなくなったり・・・

 

ご本人もどうして苦しみから楽になりたいから

セッションを受けているのに・・と

謎でしたが

 

10回目の時に初めて見えてきたのは

「苦しむ姿、嫉妬する姿、激しい苦悩」が

相手への愛情の量、相手への想いの量として

自分の中での確かめになっていました。

→ご本人が驚愕。でもしっくり過ぎると!

 

既婚者の彼が自分ほど、この恋愛に苦しんでいないように見えて

楽しく人生を生きているように見えて

「私と同じぐらい苦しめ!」

「バチが当たればいいのに!」と表面では怒りでしたが

心の中で起こっていたことは

 

「私と同じぐらい苦しんで」=「私と同じぐらい想いを持って」でした。

彼が苦しんでいない=私への想いがないこととなっていました。

 

なので・・・

セッションで彼女の苦しみが無くなりそうになると

(苦しみを解体して対話して緩めたり理解して受容すること)

止まってしまうのは

私の中の苦しみを取らないで=私の中の彼への想いを取らないで

 

この公式が動いていたのでした。

 

これでは結婚の約束の彼とは話がもう一つ具体的に進まないのは

納得ですよね。

しかもこの彼女一筋の彼は、彼女に対して

嫉妬心や疑いや甘えるような態度は見せずに

「君が好きだよ」「信じている」「君の気持ちを優先するよ」

こう言った愛情の姿なので

(恐らく彼の心の公式は

「相手を全部受け入れること」=「どれだけ相手を想っているかの量」)

彼女が感じる愛の形とは全く違います。

 

そしてこう言った彼には彼女自身が

愛で苦しまないので(安心しか与えてくれないから)

気持ちが今ひとつだったのです・・。

 

こんな複雑な訳が実はずっとあったんだ・・・

なぜこの形が出来上がったのか・・

 

ここからが本格的なもう一歩踏み込んだセラピーや

対話ができる準備が整った感じでした。

 

人の心に関してはセラピスト側は

自分の「アドバイス」「専門知識で判断する」ことでは

全部を把握できないし

完璧な辻褄を本人の声とともに一緒に探すことでしか

こう言った仕組みは見つけることは

不可能なのです。

 

なんせ、全くご自身も気づいていない領域なので・・

 

でもこんな人の心の仕組みをチームで見つけていく

この作業が世界中で私は一番好きです。

 

そしてセラピーではどんなドラマよりも感動的な

傷ついた自分との対話がある・・・

 

私は「人間」が大好きなんだなぁとしみじみ感じます。

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

関連記事

  1. 「1日を穏やかに終わりたい」時の簡単な自分との対話方法

  2. 本当は誰の言葉で傷付いている?

  3. 新しい一年が始まりました〜♪

  4. 認められなくて苦しい時・・・

  5. 「されている側」の弱い私

  6. 同じパターンを体験するとき♪

  7. 癒しを続けるとこんなに変化する♪

  8. 決めたことが続かないとき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係