イメージの力!

おはようございます♪
今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?
 
暫く間が空いてしまいましたが
私は昨日は大好きなフジコヘミングさんのコンサートへ♪
前から4番目、しっかりと彼女の手の動きも見える席で
何を感じていたか・・・
 
「生命の息吹」
 
彼女から生み出されるエネルギーを全身で感じ
世界観や音の織りなすストーリーを感じ
共鳴していました♡
自分の創造したイメージに共鳴しているんです。
 
=======
先日書いていた途中でお伝えしたかったこと・・・
それは「イメージ」について。
 
私たちは普段の会話の中や、
自分一人で考えごとをしている時・・・
何気なく「言葉」のほかにそれをイメージする
「映像」って流れていないでしょうか・・・?
 
例えば・・・
友達の結婚式に呼ばれていたとしましょう。
一度もあったことのない彼女の新郎は噂では
背が高くて、細身で、スポーツ万能で
でもちょっとやきもち焼きで、記念日を大事にする人・・・
 
今までその友達の恋愛相談に何度も乗り、その度に
色々な苦難を乗り越えて、結婚式を迎えるとしましょう。
 
もう、勝手に顔やらスタイルやら・・・
そして記念日にはこんな風に大切にしてくれるのね・・など
自分の頭の中にその彼の姿・・・
結構映像でイメージしていませんか?
 
でも、実際会ってみたら
「背が高い」→実際は175センチ
「スポーツ万能」→過去に部活で励んでいた(10年前)
「記念日を大事にする人」→実際にその日に云々ではなく、
言葉で覚えていることをたまに話題に出す人
「やきもち焼き」→本人に話を聞いてみたらラインに他の男性からの
相談が延々と残っていた
 
などなど・・・
頭の中の真剣なおしゃべりと共に流れている
イメージは勝手に自分色に脚色されて、あたかも
自分の中の「〇〇さん」がそこにいる前提で
話を盛り上げています。
 
例えば、今、モンブランが食べたい・・・と思っていたら
もう、自分の中での「モンブラン」が映像や
味や、香り、舌触りなど・・・
イメージされますよね。
 
私なら「和栗」と「フランス産の栗」と
「イタリア産の栗」とそれぞれのイメージがあったりして・・・
下にあるのがタルトなのか、スポンジなのか・・とか。笑
 
 
=======
 
ネガティブな思いが走っていると、こんなものではなく
その自分の中のストーリーはジェットコースターのように
どんどんネガティブ度が無意識に増しているのです・・・
 
例えば・・・
いつもチクチク嫌味っぽい上司がいるとします。
(事実:〇〇さんという上司がいる)
今朝、顔をあわせた途端に「あの仕事、仕上がってる?」
 
私の中のネガティブなストーリーはこんな感じ。
「〇〇さんは私がまだ出来ていないの知っていて
わざとみんなの前で恥をかかせたいんだ・・・」
 
「私は本当に仕事が遅いと感じさせるなんて
この人、酷い・・・私の事、嫌いなんだ」
 
「〇〇さんは△△ちゃんには優しいのに私にだけ
厳しい気がする・・・」
などなど・・・
 
もう、上司の顔は「嫌味っぽくて意地悪な〇〇さん」の顔に
見えているのです・・・
事実:〇〇さんというそのままの顔
 
もしかしたら・・・
ただ、進み具合を聞いただけかもしれないし
まだだったら助っ人を考えていたかもしれない・・・
 
でも実際には顔を合わせてこのセリフを言われた時には
体感覚は「焦り」「ビクビク」「怖い感覚」などもあって
本当にリアルに絶対に上司が優しい眼差しで
言っているとは思えないのです。
 
このように・・・
イメージの力は物凄く強大。
顕在意識はたったの4~5%とはいうものの、エネルギー自体が
とても大きいので身体に来てあっという間に
引っ張られるのが常なんです・・・
 
全部がリアル。
イメージに反応しています。
 
何か考えている時の頭の中のイメージにも
ふと、気づいてあげてみると・・・
本当に私たちってある意味凄いなぁと思います。
 
このイメージを作り出しているのが
見えないココロの中にある「仕組み」であり
「ビリーフ」や「セルフイメージ」です。
 
ただ、大事なのはこれは悪いのではないです。
このビリーフやセルフイメージに対して
「抵抗」があるときが苦しいのです。
 
次回はこの抵抗についてお話ししていきますね♪
 
今日は月曜日!
素敵な週の初めをお過ごしください♡
 

心理カウンセラーランキング
 
 
 

関連記事

  1. 心を解剖する♪

  2. 電車の前にいる親子

  3. 競馬依存から見えてきたもの

  4. 「ありのまま」の私になれない時

  5. 依存症は【心の痛み止め】

  6. どうしてもその思いが離れなかったら

  7. 自分に優しくできた分だけ他者にも優しくなれるとは?

  8. 「怒り」の対処の方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係