実は私たちは【イメージ】に反応している

おはようございます♪
今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?
 
昨日は朝、セッション、午前に心の仕組みを紐解く講座
午後も同じバージョンのメンバー違いの講座開催で
充実でしたが
 
今日からまた1週間がスタートですね。
 
今日はイメージについて分かち合いをしたいと思います。
 
========
 
私たちは実は「イメージ」に反応している・・・
この題名通り、本当に目の前の出来事ではなく
目の前の風景にではなく、セリフでもなく・・・
頭の中にある「イメージ」に心が、身体が反応しているんだ・・・
 
この衝撃を覚えています。
 
例えばたまたまYouTubeなどで動物の虐待や
殺処分の動画を見たとしましょう。
本当に苦しくて、目をそむけたくなるような気持ちになり
涙が止まらない・・・
世の中不公平だとか、簡単に命を捨ててしまう
飼い主に怒りを持ったり、
動物たちの助けを求める目を見て
自分が救えない無力感を感じたり・・・・
世の中の理不尽さを感じたり・・・・
 
で、暫くして自分の家に居る本当に家族から
大切にされていて、みんなから愛されている
「うちの〇〇ちゃん」が
全身で喜びを示しながら甘えてきたとします。
この子は健康そのもので何の心配もありません。
 
この今起こっている目の前の風景、事実は
「100%幸せな〇〇ちゃんがいる」
それだけなのに・・・
 
実は私たちに起こっているのは
さっき見たYouTubeの「イメージ」の方に
反応したりしています。
 
その子の頭や身体をなでながら・・・・
充分に可愛がられて大切にされているその子を触りながら
反応しているのはさっきのイメージ・・・
 
「あぁ、この子はいいけれど・・・
私はあの子たちを全部は救えない・・(無力感)」
「どうして、こんなにこの残酷な連鎖が止まらないの?
悲しすぎる」
「無責任な飼い主、売る側が許せない(怒り)」
「私は何が出来るんだろう・・・」などなど・・・
 
目の前の風景は平和なのですが
私たちはその実際の風景を通して
「頭のイメージ」に反応していること
実は多いです。
 
イケメンな彼に二股をかけられた彼女なら
目の前の今の彼はとても誠実なのに・・・
ココロのどこかで過去の経験をイメージしていて
「この彼もイケメンだからいつかはそうなる・・・」という
今の状態や風景ではないほうに反応していたりします。
 
「今そのもの」ではなく「頭のなかの風景、イメージ」は
これほどまで大きな影響があるのです。
 
この仕組みってすごいですよね。
 
今、幸せなはずなのになんだか辛い・・・
こんな時は、その時に自分の中に走っているイメージや
囁いてくる声と対話していきましょう。
どんなイメージに自分が反応している?
目の前の「事実」なのか
そこから勝手に出てくる頭の中の「イメージ」なのか・・
 
ココロの風景が穏やかであればあるほど
頭の中に駆け巡る風景が穏やかであればあるほど
本当の意味で安定を得られます♡
 
イメージには必ず理由がありそれが出てきているので
生み出している心の仕組みを解いてあげれば
それにマッチしたものが出てくるだけ。
 
温かな1日をお過ごしくださいね。
 
いつも応援、ありがとうございます♡
励みになります<m(__)m>
 

心理カウンセラーランキング
 
 

関連記事

  1. 本当はとても「この人生を愛している」・・・♡

  2. 誰かや何かと「比べて」生きずらさがある時

  3. 変化し続けるのが生命=私たち

  4. 無意識で他者優先が人生でメインになっている時

  5. 相手との上下関係と「被害者意識」について

  6. 欲しいのは「疲れない家族」①

  7. 「いつものパターン」で自分を振り返っていませんか?

  8. 自分を決めるOSとは②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

143人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. ブログ