誰かの何かでいたい衝動

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

7月なのに気温も低く、梅雨明けもまだな今年・・

自然のリズムを信じつつ

涼しいのは嬉しいのですが心配ですね。

 

今日は街を歩いて視界に入る

カップル、親子・・・

時期的に街頭演説など・・・

ふとそうだなぁと感じたことを

これを読んで頂いている皆さんと

シェアして行きたいと思います。

 

=========

 

私たちは良く見つめてみると

誰かの何かでいたい…

そんな気持ちはありませんか?

 

*子供の良き母親でいたい、父親でいたい

*パートナーの良き理解者でありたい

*弱きものの支えになれる自分でいたい

*(親から)愛される子供でいたい・・・など

 

特別な誰かの特別な人でいたかったり

みんなを先導するような自分でいたいかもしれませんし

(例えば民を守りたい、政治家として国を守りたいとか)

自然や動物を守りたいかも知れません…

身近な誰かの何かでありたい…かも知れません…

 

それが手に入った、近づけている時には

なにを感じているでしょう…

 

または何か事情があり

どうしても遂行途中で離れなければならなかったとしたら

何を感じそう…?

 

例えば、私は離婚した事で

子供に対しての沢山の罪悪感を抱えていました。

どうして「罪悪感」を持ち続けるの?と自問すると

罪悪感があれば「私はこの子の親だと感じられる、母親でいられる」と…

また罪悪感と言う「感情の名前」のレッテルを外してみると

それは私が子供に向けている愛情でもあったり…

→罪悪感=愛情(レッテルの違いのみ。同じエネルギー)

 

私はとても「母親でいたい」し

「子供への愛情を持ち続けたい」存在ならば…

とことん、それを支持して受け入れて肯定してあげて、

続けさせてあげたくなったのです。

 

罪悪感を持ち続けていいよ…

罪悪感が無くならなくていいよ…

 

本当に心から「罪悪感の私にもたらす役割」が見えてくると

体感覚も違ってきます。

 

私を含め、人間が持つ「誰かの何かでいたい」思いは

それでとても苦しかったり

分かって欲しいとか

そこを離れなきゃいけないときは私を忘れないで欲しいとか

(死が分かつ場合もありますよね)

色々なメッセージがありますが

 

沢山の声そのものが

なんと愛しく健気なものか…

 

一生懸命生きている証そのもの…

 

いつもこの子達(感情、思い、声、記憶など…)に出会うと

無条件のハグをしたくなります。

 

同じ空で繋がっているあなたと

それぞれの場所で今日もファイティン♡

 


心理カウンセラーランキング

 

関連記事

  1. 愛着障害って知っていますか?

  2. インテグレイテッド心理学基礎講座スタート♪

  3. 自分を貫くってカッコイイ

  4. 「抵抗している時ほど」なにが必要か?

  5. JMET主催EFT講座のご感想♪

  6. 父の最後に何かもっと・・という思い

  7. 「べき」がないと本当にダメになる?

  8. 「世間の当たり前」を自分に当てはめようとしていませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係