私たちは「思考」を選べない

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はちょっと衝撃的なことをお伝えします・・笑

これは私の考えではなくちゃんとした脳科学者の研究結果や

脳の仕組みや反応といった実験からも事実なのです。

かくいう私自身も普段はどうしても

「この思考は私が選んでいる」し

「この思いは私がちゃんと考えている気がしていますが・・笑

 

 

=======

 

あるオランダの研究室であった実験なのですが

私たちは「思考」が先に出てきて行動を決めた・・と思うけれど

実は脳では思考の前にそれをすでに判断していた、反応していた・・

そんな実験結果があります。

脳の方が反応が早いということなのです。

 

その実験とは数字がランダムにスクリーンに表示されるのを見ながら

2つあるボタンの1つを押すように指示されました。

すると被験者の彼らは文字が見える瞬間にどちらかのボタンを押したと言う報告が。

この実験はどちらのボタンを押すのかを脳の2箇所で測定すると

実際に被験者が選ぶ7〜10秒前にすでにその情報を保持していて

さらに最近の発見ではなんと、256のニューロン活動が

その人がどちらを選択するかを0.7秒前に知るのに十分だったことが

大脳で観測されている・・

こう言ったことですが

 

他の実験でも美しい風景の写真をスクリーンに映し出して

時々悲惨な事故のシーンなどを混ぜておくと・・・

その悲惨なシーンの何秒か前から「次の絵が悲惨なものだ」と言うことを

ハートがキャッチしている・・・

そんな実験もあると言うのです。

→アメリカのハートマス研究所から

 

何が言いたいかといえば

思考より「脳」「ハート」での反応の方が早くて

次にどんな思考が出てくるかは実は私たちは分かっていなくて

脳やハートが思考の前にすでに判断している、反応している・・

これが科学的根拠から証明されている・・

と言うことです。

 

と言うことは、脳やハートに反応させているものは何?

思考の主体は誰?

もし、私たちが思考をコントロールしているとしたら

自分にとって有益でハッピーな思考だけを選べるはず。

 

不思議だと思いませんか・・?

 

思考は誰のものだろう・・・

次にどんな思考がやってくるかを本当に私は完全に

知っているだろうか・・・

1分後にこんな思考、1時間後にはこんな思考・・・

考えるのではなく「観察」していくと・・?

 

答えが全く謎で当然ですが

自分が思考を選んで、そしてその思考が一番信憑性が高いという

自分が一番頼りにしていた「私の思考」は

思っているよりも信じていいのかな・・

そんな気がしてきませんか?

 

またここについては皆さんとシェアしていけたらと思います。

→海外からの投稿でWi-Fiが不安定で

リンクな貼れずにm(_ _)m

 

今日も温かで優しい1日をお過ごしくださいね♡

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります。


心理カウンセラーランキング

 

 

 

 

関連記事

  1. 何者かになりたい私・・・

  2. 自分へのおめでとうも忘れずに♪

  3. 誰かの心身のケアをしている方へ・・・

  4. 世界はみんないい人ばかり

  5. 自分にとっての当たり前」は気づきにくい

  6. 「子供時代」に子供になりきれなかった私へ・・

  7. 悩みが「ぐるぐるして」前に進めないとき

  8. 競馬依存から見えてきたもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

143人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. ブログ