癒しの「落とし穴」とは?

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はもし、これを読んでくださっている方の中で

癒しても、癒しても楽にならない・・

そんな思いを感じたことのある方と

何かシェアができたら・・と思いいます。

 

 

=======

 

そもそも、何か苦しいことがあって・・・

傷ついたことがあって・・・

実際に色々な症状が具体的に出ていて

人間関係がどこに行ってもうまく行かない

すぐにパートナーを疑って束縛してしまう

過食が止まらない

アルコールやネットなどの依存症など・・

 

もしくはすぐに子供に当たってしまう

将来の心配が止まらない・・

健康のことをいつも考えて過度に病気に対して不安がある

お金の心配が頭から離れない・・

などなど

 

悩み、苦しみは膨大な数ですし

それぞれにどのぐらいの大きさで自分に乗っているかは

人それぞれですよね。

 

普通に自分を見つめて行き

自分が気付いていなかったものを見つけ

そこにあった日の目を見なかった声と対話して

寄り添って理解が進んで・・・

するとしれは自然に姿を変えて

苦しみも緩んでいたりしますが

 

もし、何度も何度も癒したつもりなのに

一向にラクになっていない

または一時的にラクになるけれどすぐにまた

辛くなるとしたら・・

 

次のポイントを見てみましょう。

 

 

=======

 

私はこう言う人・・

セルフイメージですが、大まかに私たちは

誰でもセルフイメージを持っています。

しかも複数ありますが(ものすごくコアなものを

アイデンティティーとします)

 

このとてもコアな自分を動かすパソコンで言えば

OSのようなものそのものが

「ひどく傷ついている私」

「パワーのない弱い私」

「劣っている、欠けている私」など

 

ここ自体がまずこのような状態ですと

このOSから生まれている「セルフイメージ」や

「ビリーフ」と言った私を肉付けするものが

全てネガティブで苦しいベースとなりがち。

 

すると・・

当然ですがここから生み出される限り

本当にスッキリとすること可能性が低くなってしまいます。

 

 

もう一つは

「今の自分がダメ」と言う目で自分と対話していくと

ずっとベースがダメな自分、自分否定のまま癒すことになるので

これもまた苦しい癒しの道となってしまうでしょう・・

 

そしてこの2つは苦しのですが

ずっとこれで生きている・・と言う事実もあり

これ以外の私を生きたことがないことになるため

 

癒される=この私とサヨナラするする=怖さが

どうしても出てきて

抵抗が生まれたり

極端な例ですとセッションを受けれなくなります。

セッションを受ける=自分が(OSが)無くなってしまう恐怖

 

複雑な私たちですが

この部分をしっかりと先に見つけて

そもそものネガティブからしか全てを感じることしか知らない

今までのOSの私と「対話」できていくと・・

 

今まで体験しなかった新しい世界=OS自体が変化している私

が広がるかもしれませんね。

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

関連記事

  1. 私をじわじわ消耗させる人

  2. 「大丈夫」と言ってしまうあなたへ

  3. 人生に意味や目的を求める私たち

  4. 頭で考えて変えようとする私たち

  5. 「私は絶対に騙される。」

  6. 「されている側」の弱い私

  7. 「当たり前だ」と思われたくないとき

  8. 「感情」に動かされている私たち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係