「フリーハグ」から感じた事

おはようございます♪

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はFree Hugsについて…

皆さまと何かシェア出来たらと思います。

2019/10/23に渋谷のスクランブル交差点で

韓国の方のスヨンさん

Free Hugs@東京として行いました。

行ってきましたよ〜♡

 

そもそもFree Hugsが今、どんな人も

割と気軽にしていて

内容も、社会性に訴えるものから

個人的な願いでハグを求めるものもあるらしく

→例えば「僕と結婚して」とか、記事を見ました!(驚!)

ある日の渋谷などは隣同士が数メートル以内みたいに

沢山の人が行なっている…

そうなんだーと改めて知りました。

 

では、私は何故惹かれるのかな…

 

=======

 

ハグをすることで「何を感じることが出来る?」

ハグを通じて、「(私からは)何を伝えたいの?」

私にとって、ハグとは?

これらがない人生とは?

生きていく上で私は何が大切?

どう在りたいの?

 

この辺りを考えれば、どんなハグでも大好きというよりは

今回は「国同士が政治的には仲良し状態ではないけれど

人間同士としては愛がベースだから繋がっているよね」

 

そんなメッセージ性に惹かれたのです。

 

========

 

自分を見つめてよく出てくるのが

最初のテーマや悩みの表層は毎回違えども

最終的にとても私が感じたくないものは

「繋がっていない感覚」「分離感」などで

ここから孤独や悲しみが尽きることなく出てきてしまう感じです。

 

こんなにも「繋がれていない」事が私にとって苦しみの元にあるものなんだ・・

毎回、確認させられています・・

 

そして逆に困難があっても、得たいものが結果、得られなくても

「繋がり」の中でだと

それを受け入れられる自分がいたり・・

 

例えばある闘病中の女性がいてどうしても身体の機能が

元の自分に戻らなくて苦しんでいたとします・・

「これができない私は必要とされない人になってしまうかも」

「誰かに迷惑をかける私はきっといつかはお荷物になってしまう」

「自信が持てない・・将来は真っ暗・・」

「私、命は助かったけれど、これで幸せ?」などなど・・

 

彼女はなぜその身体の機能が必要だと思っていたのでしょうか?

 

よくよく聞いてみると心の深い部分では

それができていたら、家族から、会社から、友人から

「必要な人」「助けてくれる人」として

受け入れられるから・・

そんな思いが出てきました。

なのでそれがない私は「役に立たない私」「必要じゃない私」に

なる訳です・・・

 

もし、自分自身がそれが出来なくとも

「必要とされて、愛されていて、受け入れられている」かも・・と

どこかで感じている人ならば、

この悩み自体があまり出てこない感じなのです。

→出てきてもこんなには大きくないし、重くない。

 

自分にとって大切な外せないものって何でしょうね。

それこそ、個体差があり過ぎて書ききれませんが

 

自分の心の構造が見えてきた時に

 

あぁ、これのためにこんなに頑張っている私がいるね・・

そんな私を見つけて私が自分をhugしてあげませんか?

 

今日も優しい温かな1日をお過ごしくださいね。

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

関連記事

  1. どうやったら凄くなれるかな?

  2. 「手持ち無沙汰な時間」をのんびりできますか?

  3. 生まれて最初に出会う社会は「家族」

  4. 人がどうしても怖い・・・

  5. 親との関係のケアの方法

  6. 実は私たちは【イメージ】に反応している

  7. 嫉妬してしまうあなたへ・・大切な人との関係

  8. 眠れない時ありますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係