「トラウマ」と「依存症」の関係

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は「トラウマ」と「依存症」が

どういった関係があるかをみなさんとシェアできたらと思います。

 

=======

 

実はトラウマを抱えている人が依存症を持つことが

非常に密接な関係があることをご存知でしょうか?

 

北米の臨床で(カナダ)刑務所にいる囚人のうち

30%がカナディアンインディアンだというのです。

でも本当は彼らは全人口の4〜5%なんです。

 

これは何を意味しているのでしょうか・・

 

誰もが依存症から事件を起こし

刑務所に収監などされたくないですし、

依存症自体がハッピーではありません。

 

もし、遺伝的に依存症になりやすい遺伝子があって

それが事実としても・・

環境が整っていたら実際に依存症にはならないのです。

自分からの選択や必要もないでしょう。

 

ではどうして・・・?

それはトラウマを受けると依存症になる確率が上がる・・

そんなデーターが出てきました。

 

カナディアンインディアンの原住民たちは

調査を進めると、もともとトラウマを抱えている人が

多かったのです・・・

 

歴史的にも色々な支配があったし

世代としてトラウマを引き継いで現世に至っています。

これは避けられなかったトラウマだったのです。

 

依存症はドラッグだけでなく何でもいいのです。

その時に受けた傷の痛みを忘れることができて

気分がすり替えることができれば・・・

多大なストレスを緩和できたら・・

 

ギャンブル、買い物、仕事、恋愛

性依存、アルコール、過食・・・

もう、その人にとっての痛み止めになり得るものは

何でも依存先になるのです。

 

小さな依存から重度の生活を脅かす依存、

人間関係が破綻する依存まで色々ですが

私たちは何らかの「依存」は持っています。

 

========

 

見ていきたいのは破綻してしまうような苦しい依存。

 

そしてそれぞれのパターンもあります。

 

まずは自分の中でどんな依存傾向があるかな・・

そしてそれはどこから来ているか・・

言い換えると

何を感じなくて済むために「それが必要なのか」を

ちゃんと見つけてあげることが大切です。

 

過去、私もぴったり教科書通りに依存症になっていました。

過食嘔吐や買い物依存、仕事依存など

感じたくないこと=自分でどうにもできない過多なストレスと

複数のトラウマがこれを作っていましたね〜

 

あぁ、その当時は全然知らなかったので

依存がやめられない自分を責めていたし

根性論で押さえ込もうと

より深みにはまっていきました。

 

周りを恨んだり、誰かのせい、または自分のせいにして

より結果的に傷を深めていきました。

→投薬通院では「私は」ですが症状が消えませんでした。

 

トラウマと依存症は仲良し。

当たり前でしたね・・

 

まずは不必要な自分責めが少しでも減りますように・・

そして・・・

本当に見ていくのは

「どうやって止めるか」ではなく

何を感じないためのどんな痛み止めの役割を持っているかを

ちゃんと見つけていくことです。

→心を紐解く問いかけや(潜在意識にある気づいていない

自分のビリーフ、パターンを見つけ、それが何に抵抗しているかを探したり

心の中のどんな風景の中に自分がいるのかを見つけて対話したり)

未消化の感情に触れていきます。

セラピーを併用していきます。

 

今日も優しい1日を・・♡

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

 


心理カウンセラーランキング

 

 

関連記事

  1. 無意識で他者優先が人生でメインになっている時

  2. どうしても心から休めない時・・・♪

  3. 固有名詞が消えた時に感じる共通の愛

  4. そこに愛があれば大丈夫

  5. セラピーと問いかけの練習会土曜日クラスのお知らせ♪

  6. 「死にたい時」は何がそこに起こっているの?

  7. 大切にされていないって悲しい・・・

  8. 相手との上下関係と「被害者意識」について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

144人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. ブログ