「感情」に動かされている私たち

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は少し気分を変えて

近くのアジア圏に仕事も兼ねてきております。

ほんの少し日本から移動しただけでも

言葉も違うし、風景も違う・・・

 

食べ物も価値観や正しささえ

違うことが本当に面白いなぁと感じます。

 

土地のエネルギーが違う・・・

ここで改めて自分を振り返ることが

新しい視点に気づかせてくれたりします。

 

=======

 

今日、みなさんとシェアしたいと思ったこと・・

それは

私たちは「感情」に反応することが多いと言うこと。

例えば

経済や会社も政治も…

元をたどれば「自国、自社・・・」と言う

自分(私達)という存在を守りたいがための

色々な行動や思いですよね。

良かれと思ってこうしたら安心だ・・とか安全だとか・・

 

または安心、安全が脅かされたら不安に一気になるので

その不安を感じたくないからこそ

それに見合った行動をしているなぁと感じます。

 

感情がこんなに影響力が大きいのに・・

私たちはいつも「頭で」正しさを考えて

「頭で」理解して

「頭で」どうしたらいいかを悩む。

 

そこから少し離れて「何を感じているの?」

「何が嫌だったの?」

「何を感じたくないの?」

 

身体を通じて感じている感覚、感情と

もう少し親密に慣れたらいいですよね。

 

こちらの記事も参照されてくださいね♩

 

今日も温かな1日をお過ごしくださいね。

 


心理カウンセラーランキング

 

関連記事

  1. 「待つこと」は愛

  2. お母さんを可哀そうな人と思っていた♪

  3. 緊急お知らせ♪

  4. 一番欲しいものは何?

  5. 「やりたいことは何ですか?」→お金の悩み編

  6. 解決への道は「原因探し」ではない

  7. 自分の中にある「べき」

  8. みんなの中にある「被害者意識」とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係