「死にたい時」は何がそこに起こっているの?

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は9月1日・・・

ニュースやネットからも自殺者が一番多い日だとか・・

あぁ、思い出します・・

実は我が子の一番強く出ていた症状は「自殺企図」

とにかく朝起きてから寝落ちするまで

「ママ、どうやったら死ねる?」

「一人では死にたくない」

 

小6で急に始まった壮絶ないじめから

不登校、引きこもり・・

そして何度も学校や友達と一緒の世界に戻りたかったけれど

どうしても上手く行かずにリストカットから始まり・・・

もう、ありとあらゆる色々なことが起こりました。

 

学校に行きたくない、行けなくなることが

どれほどツライか・・

どれ程の孤独や悲しみや

絶望を与えるか・・・

 

子供にとってそれは大きすぎること。

 

病院へ行って薬を大量に飲んでも(処方上の)

カウンセリングを受けても一向に良くならずに

6年間非常に苦しみました。

→今はありえないほどの変化と社会人として

いいパートナーと共に過ごしています。

 

本当は・・・誰も「死にたい人」はいないよね。

誰だって生きたいし、笑いたいし、

何かを一緒に共有して楽しみたい・・

 

「死にたい」って口に出たとしたら

周りの人も自分自身も怖がらないで。

腫れ物に触るようにしないで。

 

死ねばそこに日常、ずっと感じている

「悲しみ、痛み、苦しみ、絶望、罪悪感・・」などなどを

感じなくて済むと思っている事だから・・。

 

要は感じたくないものを感じないために

「死にたい」となっているから・・。

 

それほど・・

いつもそばにある感じたくない感情たちに

苛まれていることをまずは自分も、周りも

気づけたらいいなと思います。

 

死にたいのではなく、それを感じたくないんだね・・。

 

子供にそう言われる時の親の恐怖や

無力感や、救えない罪悪感・・・

十分経験した上で

緊急避難的にどこか学校以外の居場所を確保するとともに

「自分に起こっていることをまずは知る」ことが

どのぐらいパワフルかも体験しました。

 

「どうしたらいい?」

ここに執着する事も経験上分かるのですが

まずは「何がそこに起こっているか」という

心の仕組みを自分自身も、周りも知ることは

本当に必要だと感じています。

 

どうか・・

「自分が自分を知ってあげること」

「気付くこと」から

楽になれることが広がりますように・・

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 

*心の仕組みをもう少し本格的に知りたい方は

こちらから・・

9月7〜8日2日間で開きます。

緊急の方はまずは講座よりもセッションをお勧めします。

 


心理カウンセラーランキング

関連記事

  1. 「私」は最大で一番身近なクライアント♥

  2. 「断ること」が苦手なあなたへ・・

  3. 生命(エネルギー)そのものの私たち

  4. 本当は誰にでも既にある純粋な無傷の私

  5. ありのままのパワー

  6. 「親のストレス」が子供に伝わる理由

  7. 無意識の「出来ている自分」計画

  8. 拭い去れない家族に対する責任感

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係