もう済んだことと思っていたけれど・・

おはようございます♪
今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?
 
皆さんの中でもあれは済んだこと
もう、乗り越えたこと・・
このことは許したんだ・・
いい経験だった、糧になった、成長したこと・・・
 
一度は気持ちよく綺麗に胸に収めたようで
実は「まだまだ引っかかっていたんだ。。。」
そんなことはありませんか・・・?
 
セッションでも自分の経験上でもよくあります。
10年も前の出来事なのに・・・
相手のことは本当に気持ちよくいい関係で
終わったはずなのに!
 
驚きです。
 
そしてリアルに体感としてその時の感情を
私達はいつでも感じることもできるんです。
 
私も最近、そんな出来事が・・・
 
=========
 
10年以上まえの離婚した元夫に対して
随分セッションでもテーマにしたり本気で相手を許していたし
相手の幸せを祈っていたつもりでしたが
→私の場合は相手がこの世から旅立っています
 
一人になってからの子育てでの修羅場も彼のせいで・・とか
沢山見てきたつもりでしたし
その都度、楽になっていたつもりだったのですが
 
先日実家から昔のアルバムの整理をしたからと
懐かしい沢山の写真やビデオが送られてきました。
 
今回、胸にウッときたのは
子供たちのある写真でした。
 
幼い子供と元夫が屈託無く笑っているんです。
その時に私の胸にきたのは
私には父がいて、その父ともいろいろありましたが
私を助けてくれて、無償の愛で包んでくれるのに
 
私は子供にかけがいのない「父の愛」を
与えることが出来なかった・・・
こんなに生きていくために必要で
支えになるものを私があげられなかったと思うと
激しい罪悪感に苛まれました。
 
写真のような状態を子供達に
私は与えることができなかった・・・
 
すると今はこの世にいない元夫に対して
「一人で勝手に逝ってしまって!」
「あなた、子供に対して申し訳なくないの?」
「一人で笑っちゃって!」
「いい気なものね!、後悔はないの?」
 
実は離婚後いろいろあり、彼は一度も私達とコンタクトを取らず
子供にも何もせず、もちろん養育も完全に放棄し
子供たちは急な別れからそれっきり。
 
でも・・・
根底にあったのは彼に対する怒りより「私が抱える罪悪感」
私が私をひどく罰していました。
 
彼の苦しみもやっぱり私のせいかもとか
一人で先に人生を終えてしまったのも・・・
彼が抱えられなかったのは仕方がなくて
そんな彼を選んだのも私のせいだとか
もう、久々の次々出てくる罪悪感と向き合いましたね・・・
 
 
でも・・・
すごく良かった・・・
私の中にあった「罪悪感さん」といっぱい対話して
沢山涙を流して・・・
気づいたのは罪悪感という名前のエネルギーは
言い換えれば愛情そのもの。
罪悪感の全くない私は
愛をどの対象にも感じていない私になってしまう・・・
 
違った眼差しで同じ写真を眺めて・・・
子供達、元夫を眺めて・・・
 
改めて私の人生を振り返り自分を賛美できました。
それで良かったと・・・
 
 
癒しは私に常に気づきを与えてくれて
私という存在を自分が深く理解できる機会を与えてくれて
いつでも変わらず優しく見守って支えてくれます。
 
今日はどなたの癒しのジャーニーとともに過ごすのか楽しみです。
 
応援ありがとうございますm(_ _)m
励みになります♡
 

心理カウンセラーランキング

関連記事

  1. 誰かや世間の批判から自分を守る方法

  2. 過食がとまらないとき②

  3. 緊急お知らせ♪

  4. 全部自分のせいと思ってしまう時

  5. 「待つこと」は愛

  6. 自分のしたい事が見つからない

  7. 本当に私はダメな人?

  8. その境界線の引き方は健康的?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

143人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. ブログ