大きな愛には気づきにくい?

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日はドラマを見てまた気づいたことを

みなさんとシェアして見たいなと思います。

 

========

 

日本版もリメイクされた「グッドドクター」

私はTVがない生活なので実際の日本のドラマを

見ていないのですが

 

韓国のオリジナル版を今見ていて

そこでのあるシーン・・・

 

主人公は自閉症なのですが天才的な暗記力と

人体のあらゆる臓器の構造を把握する脅威の

空間認知能力を持つ「サヴァン症候群」の青年。

 

彼が障害に対する偏見や自分自身の弱さを乗り越えて

小児外科医を目指して成長するストーリーですが

 

私たちは小さい目の前の愛情には気づきやすいけれど

大きな大きな愛って気づきにくいということ。

 

大きすぎるから当たり前になっているかもしれないし

大きすぎるから見えなくなってしまうのかもしれません。

 

いつも看病をしている家族の愛より

時々来て優しくしてくれる誰かの方が

自分に優しい存在だと感じてしまったり

 

あるのが当たり前と思ってしまった上司の愛情が

去ることで初めてどれだけ大きかったか気づいたり

 

いつもは馬鹿にしていた彼に命を救われた子供の母親が

初めて彼の仕事への真剣な眼差しに気づいたり

 

大きすぎる愛って本当はこんなに身近にいつもあるのに

案外と気づいていなくて・・・

スルーしているとしたら・・・

勿体なぁと感じませんか?

 

 

小さな目の前の優しさには気づきやすいけれど

(◯◯してもらったとか)

一見厳しさや、全然優しくないものの中に

もしかしたら大きすぎて見過ごしているものが

あるかもしれない・・

 

 

そんな感覚を持った時間でした♩

 

 

雨の涼しい東京ですが

優しさに包まれて温かい1日を

お過ごしくださいね♡

 

応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

 

関連記事

  1. 「禁じているもの」こそ、影響を受けている

  2. 実際にやってみたら・・・♪

  3. 親との関係のケアの方法

  4. それ、誰が決めているの?

  5. JMET主催EFTスキルアップ練習会

  6. 周りの目がどうしても気になる時

  7. 自分の中にある『めんどくさい』気持ち【2】

  8. 誰かの『特別な存在』になるには・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係