私は誰かの幸せの源♡

おはようございます♪
今日は素敵な映画の中から一言。
とある家族の物語で、その中での
人間模様や親子の絆や、大切にしていた
風習やしきたり…
家族の誇りや愛情のストーリーから
ハッとした言葉がありました。
 
何度もくっついたり離れたり
家族を守るために犠牲になって
自分の幸せを譲った主人公に
やっと待望の赤ちゃんが生まれたシーンでした。
 
彼女の夫が娘を抱きながら
『あぁ、なんて愛しい…
君はどのぐらいの価値があって
どのぐらいの幸せを与えることが
出来ているのか知っているのかい?』
 
赤ちゃんが生まれたら必ずみんなが撮る写真13
 
娘の顔を覗きながら呟くシーン…
この瞬間に「〇〇出来る子にしよう」とか
「△△さえあれば・・・」なんて皆無。
 
赤ちゃん自身も多分こんな感覚・・・♡

 
あぁ、「私」もそうだったのだ…
私も本当に愛されて望まれていたのだ…
ただいるだけで幸せを与える存在そのものであるし、
ただいるだけで尊い存在…
 
ちゃんと何かできなくても、役に立たなくても
そのまんまで本当に良かったんだ・・・
直ぐに面白いほどに忘れてしまう感覚・・・
 
 
ふと見渡すと、どの人どの人もその尊い存在そのものであり、
老若男女関係なく
誰かの幸せの源なのだと…
 
私たちは誰かの幸せの源です。
 
よ〜〜く感じてみたい…
間違いなくそうだと言うこの感覚を
もっともっと信じるまで…♡
 

関連記事

  1. 「頭の声」から「身体の声」に主役をしてみよう♩

  2. 私が私を愛するとは「受け入れること」

  3. 電車の前にいる親子

  4. 自分を「良く見せよう」と無意識になっている時

  5. いつもの解釈から深呼吸してみると…

  6. 「自分の観察」が出来るメリット

  7. 緊急お知らせ♪

  8. インテグレイテッド心理学上級始まりました♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

143人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. ブログ