「自分らしさ」の探し方

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

2日目のインテグレイテッド心理学、

今日も楽しみです♡

ご縁のあったメンバーでのシェア大会のような

実践的に日常生活の中でのたとえ話で共感できる時間が

嬉しいですね〜

 

今日は「自分らしさ」について

みなさんとシェアできたらと思います。

 

========

 

この「◯◯らしさ」とはなんでしょう・・・

それこそ、自分の中から出てくる

制約を載せていない、ありのままのエネルギーを

認めて表現できたらいいですよね。

 

そして毎日のセッション通じで感じるのは

必ずどんな方にも「自分らしさ」は本当は既にあります。

 

=======

 

では自分らしさで振る舞えないのはなぜでしょう・・

自分らしさを「自分が捉えられない」のはなぜでしょう・・

 

そもそも私たちは常に何に一番エネルギーを注いで生きているかといえば

1:肉体のサバイバルです。

 

自分の身体の保持、健康や衣食住や・・・

お金を得ることでこれらをより良く安全に保つために

奮闘しています・・・

小さい時から勉強を頑張ればいい学校に入り、

安定した企業などに就職できてお給料もキープしやすい・・

 

もう一つは何だと思いますか?

2:精神的なサバイバルです。

 

周りと比べて自分はちゃんとやれているか・・・

受け入れられているか・・役に立って必要とされているか・・

もし、周りと比べて劣っている、欠けていると感じた瞬間に

平均、もしくはそれ以上の位置にいたいと頑張ります。

 

この2つを満たすようにすることがそもそもの自我の基本ですし

(生きるためのサバイバルの)この衝動は抑えることが難しいので

これを満たした上で「自分らしさ」さえも見つけなきゃ・・・

そうなったら非常に難しくなってしまうのは当たり前ですよね。

 

 

=======

 

もし、お金にならないし人からの賞賛や認めてもらえない中でも

それをしている時に「楽しい」と心から感じて

時間が経つのも忘れているものは何かありますか?

 

それをしている時の自分はそれこそ

「本来の自分らしさ」そのもので

それこそが「好きなもの」です。

 

でも私たちはこれらをすぐに思考で蓋をしてしまいます。

「そんなことしていたら食べていけないよ」

「そんなこと、みんなに馬鹿にされるよ」

 

自分らしさで存在したらこの世界では生きていくのが難しい・・

そんな刷り込みが無意識にあるとしたら・・

それがどのぐらい自分にとって正しくて真実味があるかです。

 

みんなと同じ生き方、みんなと同じ仕事の仕方

みんなと同じような中から選ばなきゃ・・・

 

どうしても他者と自分を比べて

「大多数の中にいれば安心」があるので

こういった世界観の中で自分らしく振舞い続けることは

困難ですよね。

 

*実際に実行するかは別として・・・

本当に何の制約もなかったら・・・何をしている時が

至福の幸せ?

その時に何を感じている?

充実感?好奇心が満たされている感じ?何がどんな風に喜んでいる?

 

どこかに必ず自分が「喜び」を感じているものがあるはずなので

それが何を意味しているのかを探してみましょう

→ただ、楽しんで終わりではなく、

それが何を意味しているのかを探るのがポイント。

私にとっての意味です。

 

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

 

関連記事

  1. 悔いなき時間を…

  2. 『やらなくてはいけないこと』と『今の自分にできること』

  3. 本を読んだり調べ尽くしても楽にならない時

  4. 「私」は最大で一番身近なクライアント♥

  5. 相手の「感情の責任」を無意識に取ろうとしている時

  6. 不完全で全然良い♡

  7. 「されている側」の弱い私

  8. 癒しなんてキリがない・・!と感じているあなたへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

145人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. 母との関係