「癒し側の私」は充分に元気ですか?

おはようございます♩

今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

 

今日は普段からこれも大切な事だなぁ・・・

つくづく感じている事を皆さんとシェアできたらと思います。

 

========

セッションや自己ワークをするときに・・・

自分が傷つき、心を開かなくなって

拗ねてしまったり、もう、フリーズしてしまっている

過去の自分との対話が大切だよね・・と

何度も書いているのですが

 

この時に感じるのは、癒し手側の「自分」が

この子のケアをするのに十分にエネルギーがあるか

そして自分自身が余裕があるかどうか・・・

ここも大きなポイントだと感じています。

 

例え話で言えば

登山で遭難してしまった人がいて

その人を救いにいくのに、自分も充分な支度がなく

水も食料も暖を取ることもできずに

衰弱している状態で、その人の救助が難しいよね・・・

そんなイメージとでも言いましょうか・・

 

もちろん、一刻も早くその人を救いに行きたいのですが

心配だし、自分にも罪悪感があったりして

気になっていますが・・

そもそも救助側の自分が「怪我を負っている」としたら

まずはこちらから着手することも大切なのです。

 

セッション中で、よくそういった場面に出くわしますし

自分自身にも何度も経験があります。

 

=========

 

トラウマや依存症はもちろんですが

日常の些細なことのように見える繰り返されたテーマも

実は刷り込まれたエネルギーの層が厚いために

結構、自分自身が疲労感や諦めを持っていたりすることもあります。

 

今日は、もし、気が向いた時で良いので

「私は自分の癒しやケアをしているけれど

この私自身が疲れていないかな・・?大丈夫?」

「何か悩みはある?」

 

そんな風に「自分自身」に声をかけるのはいかがでしょうか?

 

温かな1日をお過ごしくださいね。

 

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

励みになります♡

 


心理カウンセラーランキング

 

 

関連記事

  1. 悩みの内容を「話したくない時」の方法

  2. いつまでも「消えない感情」について

  3. 「子供時代」に子供になりきれなかった私へ・・

  4. 「気付けている苦しみ」と「気付いていない苦しみ」

  5. 悩みを解決するには「感情」を見よう(2)

  6. 「愛されているか」を確かめずにはいられない

  7. 自我=私=思考活動そのもの

  8. 解決できない視点とは②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

143人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. ブログ