苦しみの根源はいつだって「愛の飢え」

おはようございます♪
今朝はどんな朝をお迎えでしょうか?

今日は「飢え」について書いてみたいと思います。
「飢え」・・・
足りない感じ、欠けている感じ、満たされていない感じ
不満な感じ、安心じゃない感じ、なんか怖い感じ
などなど・・・

「飢え」とは言い換えればどんな言葉が自分にとっては
相応しいでしょうか?

時と場合によって表現は違えども
根底にあるのはやはり「飢え」なんです・・

例えばいつもは気持ちよく商品の返品や返金をしてくれる
行きつけのお店があったとします。
自分自身も迷いやすく、決めた後にやっぱり・・と思い
お店に行くと、察してくれて
こちら側が気持ちの負担にならないように
ささっと応えてくれていたとします。

ところがある日いつものように
「これ、返したいんです、返金できますか?」
→当然、自分は返金してくれると思っている
これに対して「これだけは◯◯なのでダメなんです」
断られた時、「え〜〜、いいじゃん」とか
「今までずっとしてくれていたのに」など思ってしまうとき
ありませんか?

表面上では「物の返品、返金物語」なのですが
心の奥ではどんなことが起こっているでしょう・・・

=======

気持ちよく自分に応えてくれているお店の行為を
「自分を理解してくれている」と感じていたら
この店は「便利な店」ではなく
「自分を理解して受け入れてくれている店」となっています。

→あくまでも一例として
 
自分を分かってくれる=受け入れられている=安心感だとすれば
途端に「安心じゃない」感覚がどーんと襲うはずです。
しかも、いつも安心だったので尚更です。

人生のほとんどが「受け入れられている」感覚でいっぱいでしたら
この店のこの1回でダメージは少ないでしょうが
人生の多くで「自分が受け入れられていない」と感じて生きていると
この店に「ダメ」と言われた「たった1回」でも
この人にとっては大きな痛みとなります・・・

唯一の「安心」がなくなったようで
あぁ、ここも自分のことを拒むんだ・・・
そんな風にまでいくらでも妄想は広がります。

ましてやこれが人間関係でいつも相談に乗ってくれる人が
たまたまこの日のこの時間は無理と言った場合だったら
この人は奈落の底に落ちてしまう感じを覚えてしまうかも・・・

この誰の中にもある(もちろん私の中にもある)
「飢え」の感覚はすごく刺激してきます。
反応が大きく出てきます。

飢えのない人になろうとか
そのぐらいは自分でなんとかしようではなく
「どんな飢えがあるの?」
「何が辛かった?悲しかった?寂しかったの?」
「それはどのぐらい大きいの?」
「いつからこんな感覚を持っているの?」
「本当に今まで辛かったのに気づいてあげられなかったね
許してね・・・ごめんね」

このスタンスで「飢えを抱えている存在」と会話すると
今までスルーしていた「私に気づかれなかった私」が
見えてくるかもしれません。

ここに大きな癒しと発見と自分への愛しさという
宝物が隠れているでしょう・・・

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
励みになります♡


心理カウンセラーランキング

 

関連記事

  1. いつだって全力で生きている私たち

  2. 些細な事に敏感で繊細なHSP

  3. 「言い訳したくなるとき」はどんな時?

  4. 「死にたい時」は何がそこに起こっているの?

  5. 自分を貫くってカッコイイ

  6. 「いつものパターン」で自分を振り返っていませんか?

  7. 「NOが言えない時」には何が起こっているの?

  8. あなたは「仕事」はしているけれど「生活」はしていないよね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログをメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂くと、更新をメールで受信できます。

144人の購読者に加わりましょう

最近の記事

  1. ブログ